2018年01月18日

【映画紹介】トナリノトトロ・バッサと「天空の城ラピュタ」【ネタバレ無し】



こんばんは。

トナリノトトロ・バッサです!

このブログでは、年間約200本以上映画を見ている映画好きな僕自身が、今まで見てきた作品や新作の映画情報などをどんどん紹介していくブログです。
なるべく作品のネタバレは避け、見たことがない人が見たくなるようなものを提供していけたらと思います。



今回は

「天空の城ラピュタ」


スクリーンショット 2018-01-18 4.45.02.png

について紹介していきます。



作品紹介


1985年に公開されたジブリアニメーション映画である。

スタジオジブリとしての初制作映画である。



ストーリー


”シータ”は亡き母から受け継いだ青い石を持っており、それが目的で捕らえられ飛行船に乗せられていた。
同じく青い石を狙って宇宙海賊”ドーラ一家”からの攻撃があり、シータは逃げようとしたところ飛行船から落ちてしまう。

すると青い石は光り出し、不思議な力によってゆっくりと落下していき鉱山で”パズー”に助けられる。

シータが追われているということを知ったパズーは守りながら共に逃げることにした。
逃げている最中にドーラ一家に再度襲われ、2人は谷底に落ちるがまたも青い石の力によって救われることになる。

谷底で出会った”ポム爺”によればその石は昔『ラピュタ』で作られた”飛行石”というものだった。
ラピュタは空に浮かぶ伝説の城であり、その昔パズーの父親が見たことがありそこへ行くことがパズーの夢でもあった。
シータの名前には何故かラピュタという秘密の名を受け継いでいた。

地上に戻った2人は、捕まってしまいシータは”ムスカ大佐”からその昔空から降って来たロボット兵を見せられる。

ラピュタはかつて高度な科学力で天空から地上の世界を支配していた帝国だったというが、遠い昔に滅んでしまったという。
青い飛行石はラピュタの王族が受け継ぐものだった。

シータはラピュタ王の末裔だということをムスカから聞いた。

ムスカたちはラピュタに向かうためにシータを拘束し協力するように促し、一方のパズーは家に帰されたがシータを救いに行こうと戻る。
しかし手を貸すためもう会えないと退けられてしまう。

そんなパズーのもとにドーラ一家がシータを求めてくるがそこにはすでにシータの姿はないためすぐにムスカたちを追おうとするが、パズーは自分も仲間に入れてくれと志願し、ドーラはそれを受け入れる。

こうしてシータの救出のためにドーラ一家と天空の城ラピュタに向かうパズーたちだったが…。



感想


元祖スタジオジブリです。
言わずと知れた名作中の名作ですね。

本当に幼いことから何度見たことかわかりません。
それくらい大好きな作品の一つです。

ドーラのキャラクターが本当に素敵なんですよね。
宮崎駿が描くおばあちゃんのキャラクターはどれも力強くその中にも可愛らしさがあって魅力的なキャラクターばかりです。

ラピュタにいる巨大ロボットはもはやジブリの象徴ですよね。
三鷹の森美術館でも屋上に置いてありますが初めて見たときは興奮したことを覚えています。

とにかくラピュタは何度でも見たくなる素晴らしい映画です。
ラベル:ジブリ アニメ
posted by トナリノトトロ・バッサ at 04:46| Comment(0) | テレビ/映画/DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください